So-net無料ブログ作成

丸山、大倉の想い [渋谷すばる 2018.4.15]

AERAより


――メンバーの皆さんは
先ほど必死で止めたということでしたが、
具体的にどんな言葉で
引きとめたんですか?


丸山:

好きすぎて

何も言えなかったですね。

面と向かってはなかなか、

何がプラスになるか分からないけど、

グループっていいですよね。

自分が思ったことを

みんな話してくれるから、

みんな

同じことを思ってるなっていうのが

改めて実感する機会になりました。

面と向かって話せない分を、

夜中に文章で送りましたけど、

読み返すのも恥ずかしいくらい

好きさが溢れていたので、

何を書いたかも

思い出したくないです。

2人だけで共有したい。



すばるの想いを受け止めるマルちゃん




大倉:

皆さんが今

質問された通りのことですね。

それを関ジャニ∞にいて

叶えられない夢なのかとか、

疑問に思ったことは

全部ぶつけましたね。

海外でやる意味、

それは日本にいて

勉強できるんじゃないかとか。

後、自分の人生が

ということを言っていたけど、

うーん。

(渋谷が)自分の人生っていうことで

考えてやったときに、

僕たちの人生は

そのまま続くわけではなくて、

変化するわけで。

その上での決断なのか

という質問をした時に、

「それは申し訳ないけれど、

自分の人生を優先させてもらった」

というのを聞いて、

俺らのことを考えた上での決断なら

僕らはもう言うことはないですね。




芸能人じゃない感覚に近いのは

いつもたっちょん


フラフラの時も

実は快くなかったたっちょんは

私たちの知りたいことを

ズバッと訊いてくれる




自分の人生を

関ジャニ∞を続けていくことに

重ねていた者は

すばるが抜けることで

変化が生じると思うのは

至極当然



それでも

自分の人生は自分のものだもん、

すばるが自分第一に考えるのも

当たり前のことだと思う

nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0