So-net無料ブログ作成

2019年も前進する大倉忠義 [大倉忠義]

会報vol.29で大倉くんが

楽曲提供も含めて

後輩のプロデュースをした理由の

1つとして

次のライブも自分が中心になって

構成を考えるにあたり、

次の関ジャニ∞のライブを

どうするか、というところで

他のアーティストの表現や

世界観を感じてみたいと思ったから

だと言っていた






それは

雑誌【CUT 2019.1月号】で

大倉くん自身が語っていた、

次からですね、

次から、自分らの方向性を

どう示していくのかって

いうことだと思いますね




何かを入れなければ

出せるものでもない




すべてのインプットが

次につながると思うので




本当に心を込めて

お客さんの前に立つのは、

すごく責任感が必要なこと

これらの言葉すべてを

実行したものだと思う






昨年からの

厳しい現実に負けることなく

グループの行く先を考え、

”出来る者”として

できる事を頑張り

行動している姿には

信用と楽しみしかない!




たっちょん、

いい男だなぁ

タグ:#大倉忠義
nice!(0) 

nice! 0